NBSの沿革

佐々木忠次が倒産したチャイコフスキー記念東京バレエ学校を引き継ぐかたちで、1964年に東京バレエ団を創立。それにともない東京バレエ団の管理運営・公演を開催するために制作会社・株式会社ジャパンアートスタッフが設立された。同社は海外から名門歌劇場、バレエ団を招聘し、それらの公演の制作業務も行っていたが、文化庁の指導により1981年に財団法人化するとともに事業を一本化し、「日本舞台芸術振興会(略称NBS)」と称するようになる。2011年には政府の公益財団法人改革にともない内閣府より<公益財団法人>に認定され、今日に至る。

1964年、ソビエト連邦文化省肝入りにより、わが国最初の専門的バレエ機関として「チャイコフスキー記念東京バレエ学校」が発足。バレエの本場ソ連から一流の教師を招き公演活動を行うも、経済的な破綻から閉鎖を余儀なくされた。当時、公演の舞台監督をつとめていた佐々木忠次のもとにバレエ学校再建を望む声が数多く寄せられ、それを引き継ぐかたちで「東京バレエ団」が創立された。同バレエ団を支えるために佐々木忠次が、株式会社ジャパンアートスタッフ(NBSの前身)を設立、東京バレエ団の管理・運営・制作を行うことになった。

また、㈱ジャパンアートスタッフは、当時とても困難であった〝建物以外は全部持ってくる"「引越し公演」を1974年のバイエルン国立歌劇場で初めて実現。

それ以降1980年ウィーン国立歌劇場、1981年ミラノスカラ座を皮切りに、現在まで毎年、世界各地から名門歌劇場、一流バレエ団を次々に招聘している。

1964年
(昭和39年)
NBSの前身(株)ジャパンアートスタッフ設立 東京バレエ団設立
1966年
(昭和41年)
第一次海外公演―ソビエト連邦 モスクワ、レニングラード、カザンでの公演が大成功を収める。
この成果により、ソ連文化省から〝チャイコフスキー記念"の冠称を許される。
1970年
(昭和45年)
東京都目黒区八雲にバレエ会館 完成
1976年
(昭和51年)
<第一回世界バレエフェスティバル> 開幕
1978年
(昭和53年)
東京都目黒区八雲に本社ビル 完成
1981年
(昭和56年)
財団法人 日本舞台芸術振興会 発足
1999年
(平成11年)
東京都目黒区目黒に本社ビル(本館)完成
2005年
(平成17年)
文部科学大臣より 〈特定公益増進法人〉 として認可
2011年
(平成23年)
公益財団法人 日本舞台芸術振興会 として認定
NBS創立30周年記念事業 佐々木忠次バレエ会館(新館) 完成