理念

公益財団法人日本舞台芸術振興会(略称NBS)は1981年に設立されました。その前身は東京バレエ団を管理運営する制作会社で、東京バレエ団と同時に1964年に設立されましたので、そこから数えますと60年近くの歴史をもっていることになります。
設立の趣旨は、音楽・舞踊を主とする舞台芸術の普及向上を図るとともに、舞台芸術の国際交流を推進して、わが国の芸術文化の振興と発展に寄与することです。活動内容は大きく3つに分けることができます。

  1. 海外から一流の舞台芸術団体、アーティストを招聘し、公演活動を行うこと。
  2. 東京バレエ団を管理運営し、国内外で公演活動を行うこと。
  3. 人材育成事業として東京バレエ学校を管理運営すること。

これらの事業は海外では、公共的な機関が手掛けていますが、わが国ではこうした活動は民間が担っています。NBSはこれまでの活動が公益の増進に寄与があったと評価され、2005年には文部科学大臣より〈特定公益増進法人〉に認可されました。2011年には政府の公益法人改革にともない、同年4月1日に内閣総理大臣から〈公益財団法人〉に認定されています。

私ども舞台芸術に携わる仕事は、観客に夢や希望を感じてもらうことが使命と考え、通常の公演のほか、心の豊かさや心のケアに通じる活動を推進したいと考えております。2012年からは次世代の観客の育成と子どもたちに舞台芸術を通じた情操教育の場を提供することを目的に、子どものためのオペラやバレエの公演を積極的に展開しています。

2020年は新型コロナウィルス禍によって、全世界が未曾有の難局に直面しました。「3密」の象徴的な存在と目された舞台芸術は自粛を求められ甚大な損害を被りました。先に申し上げましたとおり、NBSのような活動は海外では公的機関が手がけておりますので、いかなる事態であっても国や自治体が芸術団体を支えますが、このような事態になっても、わが国ではまったく損失補償はありません。舞台芸術を民間の組織で支えていくためには、財政基盤をいっそう強化しなければならないことを、今回のコロナ禍によって突き付けられたように感じています。

コロナ禍は日本経済に大きな打撃を与え、人々の心を疲弊させました。今後、社会生活が回復していく過程で、人々に希望や勇気を与える芸術文化の果たす役割が大きくなるのは間違いありません。感動は心を豊かにし、生活に潤いを与えます。気品ある国家をめざすためには芸術文化の振興が欠かせません。

わが国における舞台芸術を取り巻く環境は欧米に比べ見劣りしていますが、NBSは欧米並みのオペラやバレエ、コンサートの環境づくりをめざして、これまで以上にわが国の舞台芸術の普及向上に貢献したいと念願しております。